www.evaserenity.com
借金というのは恐いです。できれば、したくありません。 僕の経験から言えば借金というものは、「する」ものではなくて「してしまう」ものです。金がなければないほど、借金をしてしまいます。 そしてその利子の支払いにより、ますますお金がなくなってしまいます。 僕は20代のころに初めて借金をしました。最初は10万円という少額でした。それでも、その支払に四苦八苦しました。月々たかが1万円ほどの返済ができないこともありました。 それでも頑張って返した方が自分が楽になるのに、さらなる借金をしてしまうのです。 いくつかの業者から借金をし、30代なかばには借金総額は300万になっていました。 それからは一念発起し、必死に働きました。生活費はとことんまで切り詰めました。遊ぶことはほとんどなくなりました。 そしてトータル5年ぐらいかかりましたかね、ついに全額を返済することができました。 今教訓にしたいことは、金がなくても借金はしない、したらますます貧乏になる、ということです。